ホーム

ご挨拶経営理念

会社案内安全衛生

業務内容 [点検・監視・障害対応] [データ管理] [システム開発]

募集要項, 採用情報

交通インフラを支える会社として果たすべき責務。

事業概要

点検 料金収受設備等の点検および常時監視による保守

有料道路の料金所や出口に設置されている、ETCなどの料金収受設備の点検や保守を行い、全ての設備が常に良好な状態で運用できるように維持することが主な仕事です。これらの設備は24時間体制で稼働状況を監視しており、設備に障害が発生した場合には現場へ駆けつけ、修繕作業を行います。日々の仕事を通じて得られた長年のノウハウを知識ベースとして活用し、どのような状況でも迅速で正確な対応を行うことで、お客さまに安全・安心・快適に有料道路をご利用いただけることが私たちの誇りです。

点検・監視・障害対応の主な仕事

  • 日々の点検業務有料道路の料金所や出入口に設置されている設備を定められた周期で、1班2~5名のメンバーで点検を行います。これにより有料道路をご利用されるお客さまが安心・安全・快適にご利用いただけるよう日々のメンテナンス作業を行っています。
  • 24時間体制の設備監視有料道路の料金所や出入口に設置されている料金収受装置などの設備は、監視室のモニターなどで365日24時間体制で常時監視員が見守っています。料金収受装置などの機器に異常などが発生した場合、速やかにその状況を把握するとともに、発注者と調整を行ない障害対応班に復旧処置の対応を指示します。
  • 迅速な障害への対応設備の障害に備えて24時間交代制にて係員が待機しています。障害の発生時には速やかに現場へ向かい、障害に対する修繕を行い定常な状態へと復旧を図ります。作業にあたる係員には、設置されている全ての設備に対して高度な専門知識と確かな技術力が求められます。